プロフィール

reido064

Author:reido064
レイドと申します。ブログは基本的に不定期ですが、よろしくお願いします!
ニコ生で生主もやっており、主に連絡事項などもブログで書くことが多いですね。

・主な特徴
性別:男
年齢:20代前半

【愛しきポケモンたち】
☆ラティアス
嫁ポケであり、愛してやまないポケモン。
様々な型を研究し最終的に最高の型にたどり着くべく、日々考察中。
☆ラティオス
相棒のようなエースのような、そんなポケモン。
まぁ基本レートかガチのフレ戦とかじゃないと出番がなかったりw
☆バシャーモ
相棒。フォルムが美しすぎるw
3世代から・・・時を超えて、例の特性手に入りましたねw
この子もエース仕様で相手をガンガン倒していく!
☆ランターン
この子はつい最近育成してみたんだが・・・やばい強い!
健気に受けをしてくれるそんな子ですw

【天敵・基本苦手なポケモン】
●ウルガモス
なんだろう・・・嫁が狩られていく・・・
●ヤドラン
なんで相棒の前に出てくるんですか・・・?
●ローブシン
やめて・・・回復しながら殴らないでください。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガバシャ入りスタン

皆さんどうも!ご無沙汰しております。

早速ですが、先日の桜翼杯参加メンバーの紹介をしたいと思います!

【大会参加メンバー】

メガバシャーモハッサム
バンギラス  ラティオスXY
マリルリサンダー

まずこのパーティのコンセプトですが、メガバシャーモを主軸にしたレート用パーティです。
メインはもちろんメガバシャーモになりますが、バシャでキツイ相手にはサンダー・ラティオスを主に当てています。
実際に大会に参加した際にはバシャ・サンダー・ラティという組み合わせになることが多く、それだけ多くの相手に対し優位に試合を運ぶことが可能となっています。このパーティになる前まで使用していたメンバーはハサの代わりにナットレイ、ラティの代わりにガブを使用していたのですが、如何せん相手のメガバナ・カバが重く、特にカバにはあくびループによって容易に積みの起点を作られてしまうという弱点を抱えていました。
そこで特殊アタッカーが不足していたのもあり、ラティオスとラム持ちの耐久ハッサムの投入を決意。現在に至ります。

ただ、このメンバーだと今度は逆にギルガルドが重くなってしまい、カバもレート1500~1600代ではほとんど見かけないこともあり、再構築の必要性を感じている次第です。それとメガリザXは元々苦手なパーティなので、いかに舞われる前に負担を掛け、舞われた後も全体で何とかプレッシャーを掛けていくとうのが最近の結論です。


・ここから個体解説


バシャーモ
持ち物:バシャーモナイト
性格:意地っ張り
特性:かそく
努力値:124-252-4-x-4-124
実数値(メガ後):171-233-101-x-101-136
技構成:フレアドライブ/はたきおとす/ばかぢから/まもる

このパーティの軸になるメガバシャーモ。実質エースのような存在。
膝も外さないしね!
Aぶっぱ、Sは最速メガバンギラス抜き、
1加速でメガゲンガー(130族)抜き、メガライボルトは対面下で抜いていても威嚇込みで確実に耐えられてしまうため、そこまでSに割かない。
叩き落とすは相手の交代先に刺さることが多く、ほぼ確定のサブウェポン。馬鹿力を採用した理由は相手の『守る』や霊全般をあまり気にせずに打つことが出来るため。打つたびに能力値は下がるが、そもそもそこまで長い出来ないので、基本は打ち逃げでOK。耐久に多めに割いたのは、天候ダメやスリップダメによる先制技圏内への調整と対策。


ハッサム
持ち物:ラム
性格:わんぱく
特性:テクニシャン
努力値:236-140-116-x-12-4
実数値:175-168-148-67-102-86
技構成:とんぼがえり/どくどく/はねやすめ/バレットパンチ

カバルドンが重かったのと、メガサナ・ニンフィア辺りへの牽制。
クレッフィも厄介だったので、結構刺さる相手には刺さる。(逆に刺さらない相手には役割が薄く選出の機会さえ少ない・・・)
基本はとんぼでサイクルを回すか、毒毒と羽休めで粘りつつ、相手に負荷を掛けていく。
一番重要な役割は『起点にならないこと』


バンギラス
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
特性:すながくれ
努力値:124-134-0-x-0-252
実数値:191-171-130-x-120-124
技構成:いわなだれ/かみくだく/れいとうパンチ/ばかぢから

メガガルーラやボルトロス・リザードンに上から負担を掛ける奇襲枠。
相手のメガバンギにも舞っていなければ、上から叩ける可能性が高く、舞われても準速なら先に動くことが出来る陽気。
スカガブを意識して地震耐え調整まで耐久に振っているが、火力が足りないシーンが結構目立つため、極振の方が役に立つ場面も多かった。


ラティオス
持ち物:こだわりメガネ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
努力値:4-x-0-252-0-252
実数値:156-x-100-182-130-178
技構成:りゅうせいぐん/サイコキネシス/なみのり/シャドーボール

言わずと知れた眼鏡アタッカー。振り方もほぼテンプレ。
今作はフェアリータイプ追加と特殊技の威力低下で、オワコンと言われてきたラティオスだが、メガフシギバナやメガルカリオなどの登場により、ややピンポイント気味ではあるが採用率は一定の需要がある。
そもそも辛い相手を避けつつ、有利な相手や上から負担を掛けられる相手は結構いるため、むしろ今のこのパーティでは輝いている。
問題は上から叩かれる相手と、先制技に弱いこと。交換先へどの技で負担を掛けていくかが重要になってくる。
サイコショックではなくキネシス採用なのはB振りバナが多いことや、ルカリオなどを確実に倒すため。


マリルリ
持ち物:とつげきチョッキ
性格:意地っ張り
特性:ちからもち
努力値:212-252-12-x-12-20
実数値:202-112-102-x-102-73
技構成:たきのぼり/じゃれつく/はたきおとす/アクアジェット

無難なチョッキアタッカー。
オボン持ちの腹太鼓型ほどの爆発力はないが、ルカリオや本来相手に出来ない特殊アタッカー相手に優位に立ちまわることが出来るのが利点。
馬鹿力は採用していないが、ガルーラやナットレイは他で見ているので、交代先や対面の相手の機能を停止させるはたきおとすを採用。今のところはこの技が結構役に立っているので、技構成は上記の物で問題ないと思う。


サンダー
持ち物:ゴツゴツメット
性格:ずぶとい
特性:プレッシャー
努力値:204-x-248-0-20-36
実数値:191-x-148-145-116-123
技構成:ボルトチェンジ/ねっぷう/めざめるパワー/はねやすめ

過労死枠。現在流行りのゴツメサンダー。
Hは16n-1調整。ステロ対策用に。
また、Sは最速バンギ抜き調整でボルチェンとの相性もそこそこ良い。
10万やどくどくが欲しくなることも結構あるが、技スペの関係もあり、他のメンバーと分担することで落ち着いた。
大体バシャ+サンダーになる事が多く、最後の枠に困ったらサンダーを入れるという動きがもはやテンプレと化している()
マリルリ・ファイアロー対策として使っているがそのストッパーぶりは凄まじい・・・!
(問題は選出機会が多いため、必然的に急所被弾率が多いこと。頑張ってるのにネタにされるサンダーはおいしいと思うのw


以上が、今回の大会に参加したメンバーの紹介になります。
現在は問題点が洗い出せたと思うので、レート帯にあった構成に変えるため、試行錯誤中。
今のまま戦っていくか、パーティそのものを変更するか・・・

どちらにしろ近日中にレートに復帰するべく頑張ります!(・ω・)ノ
スポンサーサイト

| ホーム | 第1回桜翼杯参加レポート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。