プロフィール

reido064

Author:reido064
レイドと申します。ブログは基本的に不定期ですが、よろしくお願いします!
ニコ生で生主もやっており、主に連絡事項などもブログで書くことが多いですね。

・主な特徴
性別:男
年齢:20代前半

【愛しきポケモンたち】
☆ラティアス
嫁ポケであり、愛してやまないポケモン。
様々な型を研究し最終的に最高の型にたどり着くべく、日々考察中。
☆ラティオス
相棒のようなエースのような、そんなポケモン。
まぁ基本レートかガチのフレ戦とかじゃないと出番がなかったりw
☆バシャーモ
相棒。フォルムが美しすぎるw
3世代から・・・時を超えて、例の特性手に入りましたねw
この子もエース仕様で相手をガンガン倒していく!
☆ランターン
この子はつい最近育成してみたんだが・・・やばい強い!
健気に受けをしてくれるそんな子ですw

【天敵・基本苦手なポケモン】
●ウルガモス
なんだろう・・・嫁が狩られていく・・・
●ヤドラン
なんで相棒の前に出てくるんですか・・・?
●ローブシン
やめて・・・回復しながら殴らないでください。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新環境(第6世代)になったポケモンについて

連続投稿になります!(前回は純粋なポケモン勢の方には興味がないと思いますので、気になるという方だけよんでやってくださいw)

さて、皆さんお久しぶりです!
久々のブログ更新になりましたねー!(ぇ

今回のお題は新環境になったポケモンについて触れていきたいと思います。
まず初めに何といっても、新要素『メガシンカ』『フェアリータイプ』の追加について触れていくことにします。
これには賛否両論当たり前、特にメガシンカのほうは・・・。
発売前はここで物議を醸し出していた、議論ですが蓋を開ければ各自でそれぞれの思いに決着を着け、受け入れて(あきらめて?w)いましたねー。

個人的には最初は最終進化の先を用意して大丈夫か!?という否定派だったのですが(主にデザイン的な意味で)結構それぞれの特色も出せていて良いのかなーと思ったり、マイナーだったり若干使いにくい人気のあるポケモンが進化してくれたりで、結果的には『良いんじゃないかな?』というところに落ち着きました。
バシャーモも進化してくれたしね!  ガブリアスさんは自重してくださいお願いします(´;ω;`)

ただ、ものには表裏があって、「他のマイナーはどうするの?」とか「強い奴ばっかり優遇しすぎじゃね?」とか「なんでこんなのになっちゃうんだよ・・・」とか認められない気持ちがあるもの確かだし、正直うなずける部分も多いかな~と感じてます。

そして・・・何と言っても!!!『フェアリー』の登場!
ドラゴン・格闘に有利!!という宣伝文句もあり、前作環境を一変させる最大の要因になるのではないでしょうか!?
うん・・・知ってたよ。サーナイトがフェアリーを獲得した瞬間にね(´・ω・`)

愛しのラティアスがあああああああああああああ!!!!
ダメなんです。他のフェアリー持ちの子たちも大概ラティアスが苦手とする子たちに仕上がってしまったんですよぉ。。。
そう…新環境の最大の敵はズバリフェアリータイプの出現』

これに尽きるんではないでしょうか? だってラティアスが(ry

それでも新たな風が入ってくれたことにより、だいぶ環境も変わり目も向けられなかったポケモンに注目する・を使い始めるというのは嬉しいものではないでしょうか。
そうして、新たな出会いや別れを経験していくことによって、今までになかったポケモンワールドが進展していくことでしょう。

感じ方・受け取り方は人それぞれ。だからこそ、色々なことに目を向けて試し、挑戦し、考えていってほしいかな~というのがまず初めに考えたことですね。無論、自分も含めて見つめ直していけると良いな…

というわけで、後半だいぶ真面目に語ってしまいましたが、皆さん各々楽しんでみてください!
考え方も変わるかもしれませんし、それまでの考え方そのままに順応していけるかもしれません!w

ではでは、今回はここまで。長文にお付き合いいただきありがとうございました~





余談)
ふぅ・・・久々に結構書いたから、疲れた。
ラティアスも12月25日までお預けだし、フェアリーにはメタられるし、ガブとカイリューは鋼技持ってやがるし()
いいんだ、いいんだ。きっとラティアスもフェアリー技手に入るし!いざとなったら、きっと専用アイテムが火を吹くぜ!←すでに禁止アイテムにされてました。(´・ω・`)

あと、偽トロ3ds高いですね・・・こいつはクリスマスプレゼント『自分用』ワンチャンアルカナ…



スポンサーサイト

~空白の1カ月(じかん)~

ブログの更新がだいぶ日が空いてしまいましたね・・・

それはいいんです、置いときます。(エッ
それでは、放送しなかった1ヶ月間について触れていきましょう。

まぁ、なんというかな・・・うん。   モンスター狩ってました
違うんですよ~ほら、いつもの可愛いメンツじゃなくて、もっと凛々しく猛々しいあいつらのことですよ~

はい、お察しの通り『モンハン』やってました(´∀`)
いよいよ5世代環境ともお別れの時が近づき、皆さんそれぞれの思いで、新環境への思いを馳せていたことでしょう・・・。
5世代環境を続ける人、6世代と呼ばれる新環境に期待と不安を抱く人、引退を考える人、引退詐欺の人(・・・おい)
考えは違ってもそれぞれが区切りを付ける機会だったので、今までになく落ち着いた日々を送っていたんじゃないでしょうか?

・・・そう、  『一部の人達を除いて』  は。

それが通称ハンターと呼ばれる人たち。
ひとたび狩りに赴けば、闘争本能そのままに凶悪なモンスターたちに戦いを挑み(襲いかかり)、その手に勝利の栄光(素材とかお金とか名誉etc)を追い求める!!!

そんな人々に私も混じって狩りを楽しんでおりました!()
来る日も来る日もモンスターを狩っては装備を整え、次の戦場を求める日々・・・ なんだろう、ポケモンと大体一緒なんじゃw
主に違うのは、モンスターと戦うのはプレイヤー自身でジャンルがアクションに変わったことでしょうかね?
それ以外はなんとなくポケモンに通ずるものがあって非常に毎日が楽しかったですねー。

たまに『放送やらないの?』とか、『レイドさんは旅立ったんだ・・・;;』とかの声を聞いたんですが、多分近々戻ると思います~と、不確かな返事を返したりということもありましたw
実際10月に復帰したわけですがねw(詳細は次の記事にて)

さて、ハンター生活は主にチャージアックスと呼ばれる新武器使ってました。非常に使い勝手はよく、PTプレイ時も気を付ければ、斧を振り回したり、前で壁になったり・・・そんな感じで遊んでましたね~
ただ、やはり「大剣」という男のロマンに最後は落ち着いちゃったんで、一番しっくりくる得物がいいかなーと思ってますw

そうそう、ハンター生活における一つのキーワード『一狩りいこうぜ!』←これをだいぶ実戦出来た気がしますねっ!
名前は伏せますが、主に『日本伝統のお菓子』さんや『砂漠のオアシス』さん、『5200』さん『ラティアスくれた良い人』さんやリア友なんかと主にプレイさせてもらってました♪(あと『ロリコン鞍替え夜の帝王』様とか)
最初は久々の復帰勢だったこともあり、凄い迷惑掛けまくってました・・・申し訳ないの一言(´;ω;`)
ただ、それにめげずにだんだん慣れてきてからが面白い!ちゃんと戦える喜びと、仲間と一緒に強敵を倒した時の感動ときたら・・・もう!!
それから何気ない雑談なんかも実に楽しかったですねー!
「素材足りない・・・」「じゃあ行こうか!」→「出なかった(´・ω・`)」「あ、なんか出たわー(´∀`)」
こんなんとかねww

まだまだ語りたいこともあるし、ちっとも語りきれてないんですが、いい加減長いのでここで切ります!

そんなわけで、非常に楽しい楽しい言ってましたが、本当に充実した日々だったんじゃないかなー!
あ、ちなみに誘われれば、いつでもお供しますよ!足手まといにはならないように気をつけます☆←

ではでは、最後まで汚い長文を読んでいただきありがとうございましたー!

対戦環境における価値観・行動原理

こんばんわ。お久しぶりです。。。
だいぶブログを放置してしまっていたのと、新パーティが楽しすぎて最近は特に対戦と育成、考察なんかに熱中してます♪

さて、急にこんなタイトルなぜで記事を書こうかと思い至ったのかというと、ポケモンBW2、つまり『第五世代環境』もいよいよ佳境を迎え、今まで触れてこなかった、自分の対戦環境における考えというものを記事にしたくなったというのが理由の一つ。
環境の大きな変化に伴い、ここでポケモンユーザーの皆さんも岐路に立つ方も多いのではないでしょうか?

まずはじめに、ブログ主である私自身は次のポケモンXYどうするんですか?と思われる方もいるかもしれません。
正直に答えると、答えはYesでもありNoでもある・・・と言ったところでしょうか?
実際にやってみないと何とも言えないですし、期待してる部分も不安に思ってる要素も半々なので。
特に次の世代は見慣れていた主人公の絵がドット絵から、3Dで表現されていて、どうにもまだ見慣れない(ここは人それぞれかと思いますw)
それでも新ポケモンや、既存ポケモンの新たな活躍の場、綺麗なグラフィックなど新機能・要素には大いに期待してますよっ!←

前書きが長くなりましたが、ここから本題です。
対戦環境における考え方は人それぞれだと思っていますが、その考え方も大きく分けて以下の3つに大別されることがほとんどだと思います。

【論理派】
相手のパーティ構築・先発・行動パターンなどから相手の行動を先読みし、有利な展開を自発的に作り出していくプレイヤー達。主にレート環境で対戦している方に多い層である。
このプレイヤー達は基本的に自分の使用するパーティも、相性・技構成・持ち物をうまく組み合わせ、さらにはしっかりとした戦略のもとに対戦を進めていく。ここが理論派の最大の強みであるでしょう。逆に奇襲に非常に弱い。(例:ヤケモンや奇形な型構成など)
ただ、構築がしっかりしている分、運が絡んでも1回ぐらいなら地力で巻き返せるというのは非常に魅力的である

【直感派(実戦派)】
この層に大別されるプレイヤーはそれほど多くはないと思われる。そもそも相手の行動パターンを先読みをするというのは論理派と同じだからだ。しかし、大きく違うのは相手のパーティ構築を見て判断するのではなく、自分の経験に基づいた行動と自分のパーティの戦略というものを強い意志を持って、実際に実行に移すことではないだろうか?(何言ってるかわからないでしょ?w 自分でもわから(ry
要するにテンプレというものに囚われず、柔軟に対応していく考えの人たちがここに当てはまる。
また、対戦において勝利というものを目指すのは当たり前だが、そこに+αとして『魅せる』というプレイングを取り入れるのも直感派に該当する人たちに多いと思う。
対戦してて一番楽しそうに見える人達だと個人的には結論付けてますw

【理論派】
最後はこれ。論理派と被ってるんじゃないかと思われがちだけど、大きな違いは『どうやって→勝つか』というところに目を向けている人達。具体的にはテンプレをまず頭に入れ、そこから相手の構築を読み自分がどういった戦略を取るのかを決定する。まだ違いはわからないと思うので具体例を。

例:こちらの戦略はレパルガッサの悪戯心戦法(いわゆる害悪型)大して、相手のパーティが対抗策を
  持ってなさそう→レパルガッサ軸
  持っていそう→パルガッサ・ラティッサム戦法に変更

要するに戦略は決まっていて、相手のパーティを見てどの軸を使うかを決める、というものである。
これが論理派の人達との主な違いで、ハマればまず間違いなく勝利できるパーティコンセプトである。
ただ、自分の読みの裏をかかれたり、運が悪いとたちまち試合そのものを左右されることが多々ある構築であることが分かる。


このように3つに大別はしたが、別に必ずしも分かれるものではなくむしろ複数の考え方に基づいてそれぞれ行動している人達が大半である。
ちなみに、ブログ主は基本的に論理派。ただし、直感派のお勉強中() だってそれも楽しそうだから♪

どのタイプに当てはまり、それによってどう楽しむか。これを今一度考えてほしい。
時には背伸びしてみてもいい。むしろ大いに賛成したい!
ただ、忘れてほしくないのはどんな形であれ『自分らしく楽しめればそれが一番』だということ。





・あとがき
なんでこんな記事を書いたのか?
→最近対戦してても戦略が一辺倒すぎる、あきらかに無理をしている。そんな人を多く見かけたので、そもそも自分はどんな風に対戦していきたいのか?そのことを忘れないでほしいな~と思ったのがきっかけです。
別に上から目線とか、偉そうに指図できる立場にいないけど無理してまで自分に嘘をついてまで勝ちたいのかな~?と思ったので今回こういう題材で書いてみました。

次は育成論か自分がパーティを構築する際の考えといったことを記事にしたいかな~w

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。